まるごとの自分

手

 

過去の行い、現在の行い、未来の行い、

これで良かったのか、これで良いのか

迷っていた彼。

 

けれども、いつも前向きで

決してネガティブなことは言わない彼。

「過去のことも意味があったと思うようにして、

これからのことを考えたい。」

そう言っていましたね。

 

そんなあなたの姿勢、とても素敵です。

 

けれど…

例え後悔することがあったとしても

それは間違ったことではないのです。

 

後悔も怒りも、

素直な気持ちをまるごと受け止めた時、

その表情は

ふっと解放されたようなその笑顔でした。

 

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ