私が映画館に行く理由:映画を見にいくんじゃない、映画館を体験しにいく

先日、かさこさんがブログにて
映画『カメラを止めるな』について
面白いけど映画館で見るほどでもない、
レンタルでも充分というようなことを
書いていた。

映画館で見るほどじゃないという感想、
持ったことある人も多いかもしれない。
かくいう私もなら共感できたと思う。
1年前までなら。

そう、この1年で私の考えは激変しました。

映画館に行くのはそこで見る価値がある
作品だから見に行く訳じゃないんです。
映画館で過ごす時間を味わいに行くんです!

そもそも映画館で見るべき作品とは何か。
ド派手なアクションがあるとか
精緻なCGによる美しい影像だとか
大画面、大音響で見る価値があるもの?

なるほど、そうかもしれない。

TV放送やレンタル、見放題サービス
など安く見られる方法が溢れる時代に
わざわざ高いお金払うのだから。

でも昨年、私はグレイテストショーマン
という映画にハマり、更には応援上映と
いう発声、手拍子OKという形式にハマり
何度も何度も映画館に行った。

その結果、何が起きたかというと
映画館という空間そのものが好きに
なっていったんです。

映画館の良いところは集中できること。
あれしなきゃこれしなきゃと行った雑念
や日常の喧騒を切り離して没入できる。
中に入ればスマホもOFF。そんな時間を
2時間も作るって、日常では中々難しい。

また、映画館はそれぞれの館によって
全然雰囲気が違います。

例えば私はTOHOシネマズ新宿が近くて
利便性が良いのでよく行っていたのですが
ロビーが小さめで人も多いので混雑気味。
でも同じ系列でもTOHOシネマズ日比谷は
ロビーが広々していてガラス張りの窓から
は日比谷公園が一望できて綺麗です。

それから舞浜のシネマイクスピアリ。
赤を基調とした高級感のある作りで
シートもしっかりしていて劇場のような
雰囲気があります。

それから立川にあるシネマシティ。
ここは「極音上映」という音にトコトン
こだわった上映をしていてこれがまた凄い。
あまりの音の良さに、既に10回以上見て
いたグレショのオープニングで泣きました。

他にも色んな個性ある映画館がある
ようで、私もまだまだ行ききれないほど。
お気に入りのカフェに行くような感覚で
お気に入りの映画館を見つけて行くのも
良いリフレッシュ方法だと思います。

私は映画館で見る映画にお金を払っている
のではなく、映画館で過ごす体験に価値を
感じてお金を払っている。

もちろん、見るなら自分に合った
作品の方がいいから選択はします。
でもレンタルでも充分な内容とか、
大画面で見る必要ないとか、そういう
ことは重要じゃない。

でも、例えば迫力のある映像が無い
その時の基準が映画館で見る
価値があるかどうかでなくなった。
映画館行きたいから面白そうな作品
ないかな?に順序が変わるくらいに
映画館という空間は私にとって
魅力的、ってことなのです。

ちなみに昨年、映画館にはトータルで
50回位行った、かな。今まで映画館に
行くのは年に2、3回程なので約20倍。
改めて考えるとすごいなぁ。
人生変わったと言っても過言じゃない…

 

 かさこさんのブログ記事
おもしろいけど映画館にまで行く必要ない。映画「カメラを止めるな」感想*ネタバレあり

映画館

長野美峰Facebook(友達申請お気軽に。メッセージ無しで大丈夫です。)
https://www.facebook.com/mihonagano47

長野美峰Twitter(フォローお気軽に。基本フォロー返します。)
https://twitter.com/chigi_ra

長野美峰Instagram(フォローお気軽に。)
https://www.instagram.com/chigi_ra/

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

ネット予約をする(空席確認)

長野美峰のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

コメントお気軽にどうぞ