本の紹介『スタンフォード式 最高の睡眠』

よく眠れない、寝不足、朝起きられない…

自分の睡眠に満足できていない方は多い
かもしれません。特に日本人の睡眠時間は
他国と比べても少ないと言われます。

かくいう私も寝つきが悪く朝に弱い……
そんな悩みを解消すべく読んでみた
『スタンフォード式 最高の睡眠』
参考になる点が盛りだくさんでした。

この本が良いのは世間に蔓延る睡眠に
関する俗説(90分の倍数寝ればいい等)について
きちんと言及し、最新の科学的検証に
基づいた知識と方法を提供する、と
最初に宣言しており信頼がおけます。
実際様々な実験データが登場します。

また”しっかり眠る”はもちろん大事、
でも、そこで終わらずに忙しくて
中々時間が取れない人でも実践可能な
方法を提案してくれる親切設計です。

その中でも特に気になった3つの
ポイントをご紹介します。

・最初の90分は眠りのゴールデンタイム

最も深く眠り、成長ホルモンの分泌も
活発に行わるのが入眠してからの90分。
子供の成長やアンチエイジング効果もあり
ここをいかに質良く眠れるかが鍵だとか。

この90分の質が良ければ睡眠時間には
あまり囚われなくて良いそうです。
が、一般的には最低6時間の睡眠を推奨していましたのであしからず。

ぐっすり眠るためのスイッチ”体温”

人間の体温には深部体温と皮膚体温の
2種類があるのですが、夜眠る時は
深部体温を下げようと身体が熱を放出
します。眠くなると手足が温かくなる
理由がこれ。

この深部体温と皮膚体温の温度差を
縮めることで、ぐっすり眠れるのですが
そこで大事なのが眠る90分前に入浴を
済ませること。
入浴時間30分なら寝る2時間前にお風呂に入り始めます

入浴によって深部体温がグッとあがり、
その後、大きく下げようと身体が温度
調節をします。その時間が約90分。
眠る頃にはちょうど良くなるという訳です。

私も試してみたところ、確かに90分
経った頃からウトウトし始め寝付きの
悪い私でも、ぐっすり眠れました。

そのため入浴後すぐ寝るのであれば
湯船に浸かるよりシャワー、又は
足湯がより効果的だそうですよ。

睡眠と覚醒は表裏一体 気持ちよく起きるために

不眠症は朝から始まる、と言われるほど
睡眠と同じ位どう起きるかも重要だとか。

もし7時に起きたいなら、アラームを
6時40分と7時の2回に設定するのが
良いそうです。この時、1度目は小さく
短いアラーム音に設定。もしここで
気づけば浅い眠りのレム睡眠状態なので
気持ちよく起きられます。
気づかなければ深い眠りのノンレム睡眠
なので、そのままでOK。朝方はこの睡眠
サイクルが20分程で変わるらしく、2回目
のアラームでスッキリ起床できる可能性が
大きいのです。

 

他にも睡眠に関する情報が満載のこの本。
睡眠は身体はもちろんメンタルへの影響も
大きく、質のよい睡眠はとても大切。

快適な睡眠ライフを送りたい方、
ぜひ読んでみてください。

 

『スタンフォード式 最高の睡眠』西野精治 著
https://amzn.to/2NMcl9n

スタンフォード式 最高の睡眠

 

自然体こそ最強のセルフブランディング
自分軸発見のためのスペシャルメニューはこちら
https://miho.counseling1.co.jp/service/self-branding/

長野美峰SNS フォロー&友達申請お気軽に。

Facebook
https://www.facebook.com/mihonagano47

Twitter
https://twitter.com/chigi_ra

Instagram
https://www.instagram.com/chigi_ra/

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

コメントお気軽にどうぞ