悲鳴をあげている場所

痛くなるのはいつも右側。
右肩、右の肩甲骨、右の腰、右太もも、右膝…

でも、
ストレッチしたりマッサージをすると
左側が固く感じるから不思議。

右側が”悪い”んじゃなくて
右側は庇ってくれてるだけなのかもしれない。

 

本当に悲鳴をあげているのはどこだろう。
それは一見、わからない時もある。
本当に痛いからこそ上手に隠してしまう。

身体も心も。

灯を持つ人

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ