学校の勉強を覆される『サピエンス全史』が面白い

サピエンス全史

ずっと読みたいなぁと思っていた
『サピエンス全史』

ついに読み始めました。
まだ序盤ですがとても面白い。

人類の歴史、これまで
どのようにして他の生物を排除し
これほどまでに繁栄できたのか
その鍵となるのが「虚構」です。

人類の言語は噂話のために発達したという。

「ライオンだ!気をつけろ!」とは
他の動物でも伝えることができるが、
人類は「川の近くにライオンがいる」
と、より柔軟に言語を扱える。

そして、さらに
「ライオンは俺たちの守護霊だ!」
と言えることこそ特筆すべき点である。

ありえないもの、目に見えないもの、
すなわち「虚構」を語り信じられる
ことこそが、人類に協力関係のある
結びつきをもたらしたのだから…

と、かなり要約はしていますが
こんな感じで人類史が語られてます。
学校で習った事とか覆されて衝撃満載。
え!そうだったの…ちょっとショック…
なんてこともあるけれど

でも、それが楽しい。

コメントはお気軽にどうぞ