親子間の最適な距離感を保つには研究者の視点を持つといい

人間を研究対象として見るって
実はとても良い距離感なのかもしれない。

 

私は大学時代、人間科学部という
ところで学んでいました。

心理学、脳科学、社会学、教育学、人類学、哲学…

そこは様々な切り口から人間とは
何かを問う探求の場だったと思う。

そんな大学時代の友人で母になっている
子たちが何人かいるけれど、彼女たちを
見ていると自分の子供との距離感が絶妙。
手を出しすぎない、過保護にしない、
でも、とても良く観察している。
それってもしかしたら大学時代の経験が
生きているのかも、とふと思ったのです。

 

私自身は子供はいないので、外からでは
わからない大変さもきっとあるでしょう。

ただ、カウンセラーとして色んな方々の
話を聴かせていただく中で親子関係に
問題はかなりのケースで出てくるので、
親と子の距離感について思う事は多いです。

親に愛して貰えなかった、見捨てられた、
という距離が遠く離されていたケース。
過保護に手を出しすぎたり、親の思う
通りにコントロールしようとするような
距離が近過ぎるケース。

前者ももちろん問題だけれど、今は後者の
ようなケースが多いかもしれない。そして
親としては良かれと思ってのことだったり
するので、問題はより複雑化しやすい。

 

そんか状況を踏まえて、
友人たちの親としての接し方を見ていると
子供を子供扱いせず、”人間”として接して
いるような感覚がある。

それを意識しているかはわからないけれど
過去に人間という存在を知識として学び、
さらに人間とは何かを研究した経験の影響
は大きい、気がする。(今度聞いてみよう)

子供を研究対象として見る。
それを冷たく感じる人もいるかもしれない
けれど、もちろん愛情はあって、その上で
そこに人間としての可能性を見守る姿勢、
もっと言えばそれを面白がれるような好奇心
が潜んでいるのかもしれない。

たとえば
子供が履くオムツを選びたいならひたすら待つ。
痒くなるよと教えても触りたがるなら山芋にも
触らせあげる。(そしてやっぱり痒くなる)

 

子供であっても意思を持った人間であること
その可能性を奪い取ってはならないということ
彼女たちの距離感はそんなことを教えてくれる。
 

 

 

自然体こそ最強のセルフブランディング
自分軸発見のためのスペシャルメニューはこちら
https://miho.counseling1.co.jp/service/self-branding/

長野美峰SNS フォロー&友達申請お気軽に。

Facebook
https://www.facebook.com/mihonagano47

Twitter
https://twitter.com/chigi_ra

Instagram
https://www.instagram.com/chigi_ra/

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

コメントお気軽にどうぞ