心と身体にプロテイン

最近プロテインを飲み始めました。

といっても、バキバキマッチョの方々が飲んでいるような大層なものではなく、コンビニやスーパーでも売っているような手軽なやつ。これ1本でたんぱく質15g。(納豆1パックで10g弱くらい)

プロテイン

もともと筋肉量が少ないようで、運動や筋トレをしててもなかなか増えない。

以前、ボディメイク(というのかな?)のトレーニングに半年ほど通っていたことがあるのだけど、その時に体組成計で測定してもらった時もたんぱく質量が少ないって言われてたんだよね。

一応、お肉とかお豆腐とかなるべく摂るように食事も気ににしてはいたけど、プロテインとか飲んでみたらどうだろうと思ってしばらく飲んでみることにしました。

厚生労働省による1日のタンパク質量の摂取基準というのがあって、私の場合(30〜40代、女性)だと1日の50 gが推奨量。おそらく、今の私の食事だと10〜20g足りないんじゃないかと思う。なのでプロテイン飲料とかプロテインバーとか丁度良いし手軽なので期待してみる。どうだろう。

 

ちなみに、たんぱく質って身体だけじゃなく”心”にとっても大切なんです。

セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン。名前は聞いたことある人も多いかもしれませんが、これらはメンタルヘルスにとって特に関連の深い神経伝達物質(脳内ホルモン)で、気持ちのコントロールや集中力、モチベーションなど、精神面に大きな影響を与えますが、その脳内ホルモンを作る材料となるのがタンパク質。不足したら困りますよね。

セロトニンは”幸せホルモン”なんていう呼ばれたりするくらい、心の安定にとって重要なのです。

筋トレがメンタルの回復に役立ったという話をたまに聞く。それだけじゃないとは思うけど、筋トレと併せてタンパク質をたくさん摂ることも影響してたりする?という仮説をいま思いつきました。どうだろう。

 

そうそう。私、白髪も多いの。昔からあるけど、最近さらに増えた気がする。たんぱく質が足りないと白髪も増えるとも聞いたので、これも効果出たりするかな。どうだろう。

 

参考記事:日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf

 

 

長野美峰(くれたけ西新宿支部)の提供するサービスメニュー
 
長野美峰のSNS

Facebook(フェイスブック)
Twitter(ツイッター)
Instagram(インスタグラム)

フォローお気軽にどうぞ。

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

コメントお気軽にどうぞ