時間内に収まらない!プレゼン準備にやって良かったこと3つ

先日行ったかさこ塾の最終日、約50人を
前に3分間プレゼンする機会がありまして
準備としてやって良かったこと3つを紹介します。

①プレゼン内容を人に見せる

自分が言いたい事と人が聞きたい事は違う。
自分には当たり前の事が他の人には面白い。
自分は理解してても聞く人にはわからない。
そンなことは沢山あるので客観的な視点で
評価してもらうのは重要です。

今回はかさこさんという超強力な
アドバイザーがいるので心強いと思って
意気揚々と資料を送ったら瞬足で返信が。
「ここはいらないんじゃないか」
「この部分は分かりにくいかも」
「もっとこういう事を入れて」
スパスパっと的確なお言葉、要はもう
「抜本的に」変えましょうとのこと……
(決して強制ではないです!)
本当はグレイテストショーマンの話とか入れたかった泣

入れられないものは別の機会と割り切り
作り直したところ、かさこさんから
「めっちゃよくなった」との言葉!わーい!
が、喜んだのも束の間、最後に爆弾が……

「これだと3分で入らないのでは!?」

②時間内に収める練習-声に出す-

この時点でスライド枚数13枚。3分無理、
と思いつつ、まずは実際声に出して練習。
した結果、5分かかっても終わらない。
これはもう削るしかない。同じような
内容の箇所を纏めたり不要なものを削除。

深夜のテンションだと超高速で動けば時間の流れが遅くなるのでは!?と
相対性理論を持ち出したりするのでそうなったら一旦寝ましょう。おやすみ。

頑張って削ってようやく9枚。まだ多いけど
どうしても削れず次にやったのがこれ。

③時間内に収める練習-台詞を書き出す-

プレゼンで声に出す内容を全て書き出し
ました。えっとーとか語尾とか全部。

そうすると自分の話し方の癖や言い回し
がよくわかって、ここ回りくどいなとか
これ簡潔に言い換えられるなとか、削る
ポイントがわかりやすくなります。

ただ、これ台詞を書いたからといって
暗記してそのまま喋る必要はないです。
ある程度覚えるとスムーズだけど、ただ
読むだけになる危険もあるので。
あくまで長々と話さないための作業です。

そして最終的に、やや早口気味だけど
2分50秒位に収まるまで絞りました。
本番は何やかんや伸びるので余裕を持たせる。

本当はフレディみたいにコール&レスポンスとかしたかったんだよ〜泣
それはまた別に機会に(来るのか?)

そしていざ本番。

プレゼンする長野

落ち着いて(見え)るのと
顔がにやけるのは生まれつきです。

素敵に撮ってくださったのは
よしだひろふみさん。
https://enjoy-eagle.net/design/

皆様からのフィードバックも。

プレゼンのフィードバック

わかりやすい、時間ぴったり、など
の言葉も多く嬉しかったです!
様々なコメントありがとうございました!

 

長野美峰Facebook(友達申請お気軽に。メッセージ無しで大丈夫です。)
https://www.facebook.com/mihonagano47

長野美峰Twitter(フォローお気軽に。)
https://twitter.com/chigi_ra

長野美峰Instagram(フォローお気軽に。)
https://www.instagram.com/chigi_ra/

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

コメントお気軽にどうぞ