死と生

よく生きようとするから
辛い、苦しい、のか。

虫が卵を産んで死んでいくように
生きることが次の世代へ命を繋ぎ
やがてそのプロセスは終焉する。

いや、本当に終わるのかな。
このご時世、死してなお、Twitterやら
インスタやら文字も写真も残り続ける。

死さへもプロセスの一つ。
そうだったとして、さてどう生きるか。

赤く光る地平線

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ