何でも否定する人は「どんな証拠を見せられたら考えが変わるか」問いかけてみよう

根拠のある批判はいい。

でも、何でもかんでも否定やダメ出し
するのは批判ですらなくただの頑固。

 

物事に対して疑問や批判的思考を持つ
ことは大事。たとえばメディアリテラシー
なんてよく言われるけれど、情報の溢れる
この時代にメディアで目にしたもの全部を
鵜呑みにしたら、偏りや誤りが生まれる
可能性は大いにあります。

本当にそうか?と疑問を持って、他の
情報を調べたり、間違っていると思えば
批判したりすることだってあるでしょう。

 

でも、何の根拠もなく否定してくる人は
「どんな証拠を見せられたら考えが変わるか」
考えてみてほしい。

もしどんな証拠を見せられても変わらない
というならそれは批判的思考ではありません。

ただ好き嫌いや感情的に否定して有益な
証拠さえ無視してしまう。頑固どころか
害悪にすらなりかねない考え方なので、
批判とそれに対する反証の可能性を考え
ていたいなと思う。柔軟な思考って大切。

 

 

長野美峰(くれたけ西新宿支部)の提供するサービスメニュー
 
長野美峰のSNS一覧

Facebook(フェイスブック)
Twitter(ツイッター)
Instagram(インスタグラム)

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

コメントお気軽にどうぞ