とある春の一日

とある週末の日。

朝起きて
「今日どうしよっか?」
「天気も良いしお花見行く?」

千鳥ヶ淵へ。

千鳥ヶ淵の桜

「満開だ〜。」
「桜を見た時のこの湧き上がるものは何なんだろうね。」
「ああ、それは『春に』だねぇ。」
「なにそれ?」
「この気持ちはなんだろう〜♪って知らない?」
「知らない。」
「ええ!それはもったいない!」

そういえば谷川俊太郎さん(『春に』の作詞者)
展覧会やってたはず。スマホで検索。

「今日までだ!行くしかない!」

谷川俊太郎展@東京オペラシティ へ。

谷川俊太郎展

「すごく良かった。」
「じっくり詩集が読みたい。」
「もうすっかりファンだね。」

ちなみに、展覧会のために作られた
新作の詩『ではまた』がとっても心に残りました。

 

帰宅後、Youtubeでもちろんこれ。
素晴らしき1日。

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

コメントお気軽にどうぞ