迷子になりたいんじゃなくて見つけて欲しかった

家族で出かけているときに
わざとみんなと離れて歩いた。
「迷子になるよ」って
言われても離れて歩いた。

迷子にはならないって知ってた。
だってどんなに離れても
みんなを遠くから見ていたから。

一度本当に迷子になったときは
心細くて泣きそうだった。泣いた。

迷子になりたいわけじゃない。
ただ見つけて欲しかった。
「ほら」って手を握って欲しかった。

手をつなぐ親子

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

コメントお気軽にどうぞ