『ボヘミアン・ラプソディ』でも感じた響きの美(#99)

ミュージカルが好き、ということを
このブログでも常々書いているけれど
何がそんなに好きなのか、ふと思う。

魅力は多々あれど、その中の一つが
複数の人々の声が重なる響きの美しさ
ではないかな。

美しいハーモニーは鳥肌が立つほどに
心も身体も震える。その瞬間が好き。

昔、合唱をやっていた影響もあるのか
自分もその一部になれたら更に最高。
(だから応援上映にハマってしまう)

最近観たクイーンの伝記映画
『ボヘミアン・ラプソディ』でも
彼らの紡ぐ曲の魅力は語りきれない
けれど、響きの美しさが私にとって
特に好きな点の一つ。

メンバー同士の響きはもちろん
観客と一体となった時の、あの地鳴り
のような震えは何なのだろう……

という訳で、すでに2回ほど
ボヘミアンラプソディの応援上映に
行ってますがまた行きます。明後日。

ボヘミアンラプソディ

くれたけ心理相談室 今月のカウンセラークエスチョン その1
最近「美しさを感じたこと」をひとつ教えてください。

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

コメントお気軽にどうぞ