映画「グリーンブック」感想(ネタバレなし)

グリーンブック

映画「グリーンブック」を観てきました。

今年のアカデミー作品賞受賞作です。
公開前からとっても楽しみにしてました。

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。
公式サイトより

この、あらすじだけで「お?どんな話?」
と想像力を掻き立てられます。

天才ピアニストのドン・シャーリーは
インテリで気取ったところもありながら
黒人なのに黒人の文化を全く知らない。

一方、トニーは黒人を差別しながらも
生活は貧しくて学も無い、腕っぷし
だけが頼りのイタリア系アメリカ人。

そんなチグハグな二人が黒人差別の激しい
アメリカ深南部を旅する珍道中です。

 

グリーンブック。すごく良かった。
面白かったです。

ド派手なシーンは全然なく、淡々と
物語が進んでいく印象なのですが
トニーとシャーリーを演じるそれぞれの
演技がとても良くて、正反対の二人が
噛み合わないながらも旅を進めていく
のが面白くて笑えるんです。

シャーリー役のマハーシャラ・アリはアカデミー助演男優賞受賞しています。

大爆笑というよりクスッと笑える感じ。

 

そして、やはり差別的なシーンもある
わけですが、それも派手な演出はなく
その分、無自覚な差別、当たり前に
行われる差別の恐ろしさがジワジワと
伝わってくるんです。

 

そんな怖さもありながら、コメディー
映画として笑わせてもくれるし、二人が
徐々に友情を築いていく様は感動的でした。

 

そうそう、事前にグリーンブックを
見るとフライドチキンが食べたくなる、
という情報を得ていたのですが、見る
のが夜だったので先に食べておいた私。

フライドチキン

フライドチキンのシーン出てきます。
ここ必見。めちゃくちゃ好きです。
そしてこのフライドチキンも黒人差別
を描くうえで重要な役割だったり……

 

ただし、先に食べてもやっぱり結局
食べたくなるので要注意です笑

 

 

自然体こそ最強のセルフブランディング
自分軸発見のためのスペシャルメニューはこちら
https://miho.counseling1.co.jp/service/self-branding/

長野美峰SNS フォロー&友達申請お気軽に。

Facebook
https://www.facebook.com/mihonagano47

Twitter
https://twitter.com/chigi_ra

Instagram
https://www.instagram.com/chigi_ra/

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

コメントお気軽にどうぞ

次の記事

桜さがし