おばあちゃんのきんぴらごぼう

大学進学で家を出ていた私が
帰省した時に言ったこと

「おばあちゃんの作る
きんぴらごぼうが一番美味しい」

それ以来、帰るたびにおばあちゃんは
きんぴらごぼうを作ってくれた。

でも、いつからかおばあちゃんは
作らなくなった。それはとても自然で
いつからなのかわからないくらい、
こうして書くまで作らなくなったことに
気づかなかったくらい自然だった。

先日、帰省した時おばあちゃん言った。
「みほちゃんは結婚したの?」

隣には私の旦那がいる。
私が結婚したのは4年前だ。
それまでに何度も一緒に帰っているし
顔を合わせてもいる。

「ボケちゃって嫌だね」と
おばあちゃんは笑った。
「おばあちゃんってば」と
私も笑った。

いつか笑えなくなる時が来るのかなぁ。
その時、悲しいのか、寂しいのか、怒るのか。

でも、それは考えてもわからないから
今、笑い合えることが私にとって唯一だ。

老人の手

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ