銀河博士になりました

旅先で星を見ることが多かったりして、
せっかくなら星の名前位知ってたいと思いたち
NHKの夏休み子ども科学電話相談に触発されて
勉強欲も高まっていたそんな折り。

たまたま見つけた天文宇宙検定。
これは!と思って即テキスト購入。
10月に受けてきました。

4級が小学校レベル、3級が中学校レベル、
2級が高校レベル、1級が大学レベル。

いけるかな〜と思って2級にしたら泣いた。
ケプラーの法則?ダークマター?ハッブル定数?渾天儀?
H-ⅡAロケット?ホーマン軌道?シアノバクテリア?

天文学は歴史学でもあり…
範囲広すぎ。計算問題辛すぎ。
高校理科は生物選択の身からすると
全く高校レベルじゃない…

必死にテキストを読み込み問題集を解き
合格点ギリギリスレスレで念願の
松本零士先生デザインの合格証を手にしました。

当初想定していた夜空を見上げて
「あれが何座で〜」は未だにわからないけど。

惑星の軌道長と公転周期の関係とか
宇宙の加速膨張による後退速度とか
主系列星から赤色巨星への進化過程とか
スペクトル型による星の分類とか

なら、わかります。

宇宙について学んで良かったことの一つ。
宇宙の中では人はちっぽけな存在とか
私たちはもともと星の一部だとか
心の界隈でよく言われる概念的な物事が
実感として理解できたこと。

水星逆行が云々なんて話をよく目に
するけれど、こんな形で学ぶのも良きです。

天文宇宙検定合格証【銀河博士】


コメントはお気軽にどうぞ