手放すのは期待。期待に応えてくれない相手じゃない。

相手への(無意識でも)期待は
時にあなたを傷つけるもの。

言わなくてもわかって欲しかった
助けてくれて当たり前だと思ってた。
そんな人だとは思わなかった。

家族や親しい人であれば余計に
期待してしまうものかもしれない。

そんな期待は手放すのが ”楽” 。

なのだけれど親しいからこそ
甘えてしまうんだよね。
それだけ近くにいた人ということ。

だから、もし
「なんで?」「どうして?」と
思ったとしても、その人を簡単に
手放したりしないで欲しい。

期待に応えてくれない相手でなく
期待したかった自分の心に目を向けて
落ち着いて、冷静に、手放すものを
見極める。

手を伸ばす

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

コメントお気軽にどうぞ