相手の椅子に座ってみる

自分から見れば不満のある相手も
相手から見ればこちらに不満がある。

こんなにやってあげてるのにと
お互いがお互いに思ってる。

だから一度、
相手の椅子に座ってみましょうか。
相手の気持ち、相手から見た自分、
それを眺めてみたらどうだろう。

実際カウンセリングのワークの一つに
エンプティチェア(空の椅子)という
ものもあったりします。

単純なようで、でもびっくりする程
新しい見方に気づきます。

椅子

今日も自然体で。

長野美峰
長野美峰
心理カウンセラー&コーチ
自然体こそ最高の生き方。自然体こそ最強のセルフブランディング。
一人一人の持つ本来の魅力や在り方を見つけるサポートをしています。

コメントお気軽にどうぞ