相手の椅子に座ってみる

自分から見れば不満のある相手も
相手から見ればこちらに不満がある。

こんなにやってあげてるのにと
お互いがお互いに思ってる。

だから一度、
相手の椅子に座ってみましょうか。
相手の気持ち、相手から見た自分、
それを眺めてみたらどうだろう。

実際カウンセリングのワークの一つに
エンプティチェア(空の椅子)という
ものもあったりします。

単純なようで、でもびっくりする程
新しい見方に気づきます。

椅子

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ