“れんげつつじ”と”牛”の関係

私の地元、群馬県の県花である、れんげつつじ。

祖母の家の近くである赤城山には

れんげつつじの名所があり、

ちょうど今、見頃を迎えています。

れんげつつじ

 

実はこの場所、

本来は牧草地で、実際、牛が放牧されています。

なので、このつつじの群生は

全て野生、自然に生えているものなんです。

 

牛たちは、つつじに毒があることを

ちゃーんと知っているので、草だけを食べ

つつじだけが残って咲き誇っているんだそう。

 

なので、

もともとは観光地というわけではないのですが

つつじを見に人がたくさん集まるようになり

遊歩道や駐車場など、少しだけ人の手が入って

整備されるようになりました。

 

自然に任せている部分と

すこーし人の手が加わる部分と。

 

そんなバランスが絶妙で

つつじの美しさだけでない

魅力を感じました。

 

 

 

ちなみに…

つつじが、ぐわっと密集して

満開になってる様子を見ると

イクラを連想するのは私だけでしょうか…

 

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ