怒りをパワーに変えるには、怒ったその次の行動が大事

怒り。
出来れば怒りたくないネガティヴな印象の感情。

でも
時にはそれが力になることも。
とはいえ
怒りをパワーにと言うのは簡単でも
なかなか実践するのも難しい。

もし、怒りを利用して
怒りをパワーにするなら
怒りを感じたその瞬間、すぐに
行動に移してみるのもいいかもしれない。

例えば、ちょっと人から言われた一言に
イラッとかムカッとか悔しいとか感じた時、
そのままだと、もしかしたら感情が爆発して
声を荒げたり言い返してたりするかもしれない。
そうなる前に、じゃあその一言を見返すための
行動を些細なことでもいいからやってみる。
実際見返せるかどうかは置いておいて、
何か行動を起こしてみる。

怒っている時は冷静でないのだけれど
ある意味集中力が高まっているともいえるから
何か行動するとすごく集中して出来るし
行動に集中することで、怒りの感情そのもの
への意識は薄らいでいく。

なかなかスムーズにはいかないかも
しれないけれど、自分で実践してみたら
「何をそんなに怒ってたんだろ?」
と思えて、なんだか怒りが拍子抜けしたのでした。


目をつむるお猿さん

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ