「どっちがいい?」
「こっちが緑茶で、こっちが玄米茶!」

取ってきてくれたお茶二つを
差し出してそう言ったあの人。

些細なことかもしれないけれど
そんなさりげない優しさと気遣いが
子供みたいなお茶目さと無邪気さが
なんだかとっても嬉しかった。

「うーん、玄米茶!」

飲む前から心がほっこり。

子供が2人