頑張るということ

マラソンの練習のために
まぁまぁ長時間走った日。

「疲れた〜」と言うので、
頑張ったね!と声をかければ
「頑張ってないよ」と言う。

ん?どういうこと?

彼は曰く、
決められたトレーニングを
こなしているだけだから。
(練習メニューは書籍を参考にしています)

彼曰く、
頑張るとは自分の頭を使って
試行錯誤を重ねていくこと。

つまり、
決められた時間や距離を走るのは
ただ淡々とやればいいだけ。

でも、例えば
良いフォームで走ることは
本を読むだけじゃわからないし
自分で考えて実践して、日々の
姿勢から意識もしているから、
それは頑張っていることだと。

長い時間をかけたり
身体が疲れるほどやったり
そんな風に”頑張る”必要はないみたい。

ランニング

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ