すごくちっちゃな頃、保育園くらいの頃は
ケーキ屋さんになりたいと言っていた気がします。
(食欲おう盛な子供でした)

小学生くらいの時は
イルカショーのお姉さんに憧れていました。
(夏休みに補習が必要なくらいの水泳レベルでした)

中学生の頃には
プロフィールにも書かせていただいているとおり
カウンセラーになりたいなぁ、と朧げに思っていました。

 

そして、もう一つ思い出したのが

「大人になりたい」 と思っていたことです。

 

大人になったら、
自分でお金を稼いで自分で使える!
とか思っていた訳ではなくて…笑

子供の頃の私は
大人はすごく立派なもので、
大人になったら、怒ったり泣いたりせず
いつも落ち着いて、嫌なことなんてない。
と、なぜかそう思っていたんですね。

なので、母親がイライラしていたりすると
「大人なのになぜ?」と素直に疑問でした。
なんて子供なんでしょうね…
今じゃ絶対そんな風に思いません。お母さんごめんなさい…

 

過去のお題にも書きましたが、
小学生のときに「将来、木になりたい」とか
書いていた私なので
子供の頃の自分に、時々自分でびっくりします。

以前書いた記事はこちらです。
一日だけ誰かに生まれ変わるとしたら?(くれたけ#39)

 

 

 

子供の頃の夢。
カウンセラーになる夢は叶いました。

大人になることは…
もちろん20歳はとっくに超え、世間的には大人ですが
私の想像していた”大人”への道は、まだまだ遠そうです。

 

大人になる、ってどういうことなのか。
「子供になりたい、そう思った時が大人になったとき。」
という言葉が、とても心に残っています。

 

浜辺に立つ子供

 

くれたけ心理相談室からのお題に答える
今月2つ目は、「”子供の頃に描いていた夢”を教えて下さい」でした。