高尾山のもみじ

もみじが見頃の高尾山にて。

 

登り途中、遠足なのか幼稚園の子がいっぱい。

頂上までは、まだもう少しのところで
疲れちゃった?と先生に聞かれた男の子、
大きな声で答えた彼の言葉は。

「まだ疲れたくない!」

まだ楽しみは先にあるもの、ね。

 

頂上からの帰り道。

ふもと近く、3人組のおばあちゃんたちが
西日の射したもみじを眺めながら
楽しそうにお喋りを。

「思い出すなぁ、私も良い恋したの。」

真っ赤に輝くもみじに何を見たのでしょう。

 

 

先を目指す人。
振り返る人。

未来を見る人。
過去を見る人。

これからを生きる人。
これまで生きてきた人。

 

 

みんな、それぞれ。みんな、ばらばら。
そんなみんなが、同じもみじを眺めてる。