うどんと蕎麦

暑い夏の強い味方、
うどんとそばのセットが届きました!
調理も簡単ですし(これ重要…)

 

越後の名水で打ったうどんと、越後名物へぎそば。

へぎそばってご存知でしょうか。
つなぎに布海苔という海藻が使われていて
麺が少し緑がかっています。
“へぎ”と呼ばれる器に載せて食されることから
この名前がついたのだそうです。

 

ところで。
保存方法

保存方法のこの表記。

直射日光 → 避けられる。大丈夫。
湿度の低いところ → むしろ教えて。そこで寝る。
常温 → この時期の常温は脅威…

 

こういう時って
どこで保存するのがいいのでしょうね。

困った時の、なんでも屋さん”冷蔵庫”なんですけど
冷えすぎ?固くなったりするのかしら。
せっかくなら美味しい状態で食べたいし!

これはもはや
“保管”という概念を手放す時かもしれません。

保管じゃないんです。”持ち歩く”んです。
そばだけに。(勇気を持って書いています)

 

要は私にとっても快適な場所、なのだから
家の中なら、暑ければ窓開けるなり冷房つけるなり
普段はリビング、寝るときは寝室に持っていけば!

問題は外出時ですね。
バッグに忍ばせれば直射日光は避けられますが
温度と湿度がやはり大敵。
折れてしまわないかも心配ですね。

なにより、「何でうどんとそば持ってるの?」
という至極当然な、
それでいて通り一遍には答えられないこの問い。
下手をすれば、いよいよ暑さにやられたか、と
いらぬ心配をおかけすることにもなりかねません。

 

とりあえず、暑さと湿度に関しては
バッグにシリカゲルと保冷剤でも入れるとして…

って、書きながら
いや、もうだいぶ前から薄々気づいてましたけれど
シリカゲルと保冷剤と一緒に保管すればいいんですかね。

 

と、私なりの解決策は出ましたけれど。

いつもは見過ごすような一言に注目して
発想の転換を試みる、そんな遊びでした♪

 

なんだか長文になってしまいましたが、
ここまでお付き合いくださった皆さま、
ありがとうございました!