スタバはどのお店も感じの良い方ばかり
だなぁと思うのですが、今日行った所の
接客が特に素敵で、ほっこり。

 

ある女性のお客様が入店した際のこと。
恐らくその方はほとんどスタバに来た
ことがなく何をどう注文すればいいか
迷われている模様。

 

その時の店員さんの言葉が
「じゃあ一緒に悩んじゃいましょっか」

 

この時、何も言わず待っているのも
「ゆっくりどうぞ」と一声かけるのも
間違いではないけれど。

その方は注文に時間がかかっている
ことが申し訳なさそうでもあって…
それが、この店員さんの一言によって
二人で選ぶ様子がすごく楽しそう!
女性も安心できたんじゃないかなぁ。

 

人によっては、そんなフレンドリーさを
嫌がるかもしれません。
が、この店員さんがすごいのはきちんと
相手に合わせていることなのです。

実は、最初にこの女性がお店に来た時は
遠目からメニューを眺めているだけ。
→そこへ「お近くでどうぞ」と店員さん
→女性「大丈夫です」とその場に留まる
→店員さん笑顔で頷きその後話しかけず
→しばらくして女性自らレジへ向かう
→よくわからない、迷っている旨伝える
→上記のやりとりへ至る

更に、後ろに並ぶ人がいなかったことも
把握しての対応だったと想像します。

 

お客様と接する上では、もちろん
マニュアル等が必要だとも思います。
飲み物を決めていく際には
「温かいもの?冷たいもの?」
「コーヒー入り?入っていないもの?」
など、ある程度決められた手順で選んで
いるようだったので、実際役立ちます。

でも、そこには
人と人とのコミュニケーション
という大前提がある。

昨日も書いたように
コミュニケーションに正解が無いように
正しい接客もなく、色んな形があると
思うけれど、そもそもの大前提を改めて
実感した日。店員さん、ありがとう!

スターバックスコーヒーのカップ