私たちは何かを伝えるために言葉を使う。

たくさんの言葉で

たくさんの想いを。

 

時に心は複雑で曖昧で

伝えきれない想いを伝えるために

言葉もまた複雑で曖昧になる。

 

たくさんの美しい言葉があって

それを知って理解して使っていきたいと思う。

 

けれど、言葉を自由に使いこなすことは

時に本当の気持ちを上手に隠して

しまうことなのかもしれない。

 

海外に行った時を想像してみる。

拙い英語で必死に伝えようとして

そもそもボキャブラリーが少ないので

言葉を選ぶ余地がないから

いかに自分の知っている言葉で

相手に伝えられるかを考える。

 

想いをシンプルに

ただただ心の感じるままに。

 

空を舞う鳥