今日はキャリアコンサルティングの
実技講座に行ってきました。
実技なので、ロールプレイ中心でした。

キャリアコンサルティングでは
一般的なカウンセリングよりも
より”積極的な関わり”が求められます。
(例えば質問や提案などが多くなります)

今日やってみて感じたのは
「こんなこと聞いて大丈夫かな」
「こんな風に言うのはよくないかな」
など、遠慮や恐れが出てしまい
うまく進められないなぁということ。

講師の方のアドバイス
「それが相手のために繫がると
思ってのことなら
自分が感じたこと、
聞きたいと思ったこと、
どんどん出していいんだよ」
これを聞いて
”自己一致”の大切さを改めて感じました。

 

”自己一致”とは
カウンセリングにおいて必要とされる
基本的態度の一つで
カウンセラー自身が自分を偽ることなく
感情や感覚と言動を一致させること。
と、定義をみても
きちんと理解できているかは怪しいですが…

”自分を偽らない”ということは
カウンセリングに限らず
人と接していくうえでも同じだと思います。

嫌われたくない、自分をよく見せたい、
そう思うことが
かえって相信頼関係を築くことを
邪魔してしまう。

そんなことを学んだ日でした。

手をつなぐ