夜眠る前に思い浮かべた人の幸せを祈る

とても悲しい夢を見た。
(多分ちょっと泣いてもいた)

目が覚めて、ああ夢で良かったと
心の底からほっとした。

でも、いつか夢じゃなくなる時が
来るんだな、とも思った。

その覚悟、ほんの少し強くして。
今は、今夜はせめて眠る前に
その人の幸せな未来を思い浮かべて
少しでも”その時”が先であるように
祈りながら眠ろう。

眠る子供

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ