ボールを投げている。

誰かに、あの人に、あなたに、
届くかもって思いながら。

ボールは藪に消えていく。

届いたのか
受け止められたのか
ただ転がっているのか

たまに投げ返してくれる人もいるけれど
ボールの行方は見えないほうが多い。

 

周りには、同じように
ボールを投げてる人がたくさんいる。
キャッチボールしてる人もいる。

 

「もっと鋭く投げろ」

「もっと優しく投げるんだよ」

 

正反対の投球フォーム、どっちが正しいの?

迷って、悩んで、嫌になって、
ボールを置きたくなることもある。

 

でも、たぶん、正しい、はないんだろう。
たぶん、どっちもいいんだろう。

投げる人、投げ方、それぞれ千差万別あるように
受け取る人も、受け取り方も、千差万別あるんだろう。

 

真似して、習って、やってみて、その繰り返し。
そうして見つけていくんだろう。

好きな投げ方、得意な投げ方、
向いてる投げ方、的確な投げ方…

自分の投げ方を見つけていくんだろう。

 

全てに届くボールはないけれど

たった1点、ドンピシャで届く、そんなボールはある。

野球ボール