ストリート

 

通り過ぎた建物と建物の狭いスキマに
なにやら人影が。

 

壁に寄りかかったモデルの方と
それを撮影するカメラマンでした。

 

いつも通っているけれど
気にも留めなかったその空間だけど。

 

ちょっとくすんだ壁のタイルの風合いと
わずかに差し込む光。

 

うん。
素敵な写真になりそう。

 

見慣れた日常の中に
切りとる世界は無限にある。