ハンガー

クローゼット整理のためにも洋服を
処分しようかなぁ、と思った途端に
感じるデジャブ…

やっぱり。
1年前のちょうど今くらいの時期にも
同じようなことブログに書いてました。
ちょっと断捨離
続・ちょっと断捨離

どうやら私は、年が明けてから
年末大掃除でやりきれなかった分を
取り戻すように断捨離するようです。

ところが前回はダンボール一箱分にも
なった洋服の山が、今年は数着ほど。
去年だいぶ整理したおかげでもあり、
断捨離してから心がけるようになった
ことの成果かもしれません。

それは「持つ」時にトコトン悩むこと。

最小限の物で暮らすミニマリストという
人たちも最近では聞きます。
いきなり、そこまではできなくとも
持つ時に、買ったり貰ったりする時に
本当にこれは私に必要か、愛せるのか
そんなことを、じっくりと考えます。

片付けコンサルタントの”こんまり”こと
近藤麻理恵さんは、捨てる基準として
その物にときめくかどうか、と仰って
ますが、それを持つ段階で実践する感じ。

とはいえ、少しでも欲しいと思うなら
だいたい何かしらときめいている訳で
なかなか厄介(笑)
だからトコトン悩むんです

例えば旅行などではお土産を買うのも
楽しみの一つでもある訳ですが、これを
すると買う楽しみは激減します笑
でも、その分めちゃくちゃ悩むので
選ぶ楽しみと買った後の満足感は倍増!
形に残らない食べ物を買うようになって体重も増えます…

 

今、ある物の断捨離で悩みながら、
どんどん物が増えていく、なんてことに
ならないよう「持つ」ところから考えて
みるのも、大切だなぁと感じます。

物が少ないと「物を大切にするんだね
と言ってもらえることもありますが、
むしろその逆かもしれません。

物を大切にできない。
一つ一つをきちんと愛することができない。
それなのに、物がたくさんあったら更に
それぞれへの愛情は減っていく
だからこそ物を少なくし限られた物に
限られた愛を精一杯注ぐことができるんです。