その道が長ければ長いほど

最初に飛ばして
徐々にペースが落ちてくるのと
ゆっくり入って
段々ペースを上げていくのと。

トータルのタイムは、さほど
変わらないかもしれないけれど
終わった時の疲労度が全然違う。

段々ペースを上げていった場合は
まだまだ行ける、そんな気がしてくる。

その道が長ければ長いほど
長く続けていきたいと思うことほど
飛ばし過ぎにはご用心。

最初は焦らずゆっくりと。

夏の終わりの風景

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ