インナーチャイルドを抱きしめよう

「靴下を履かないのは、みほちゃんだけです。」
昔、保育園の先生が、母にそう言ってたな。
今なら「石田純一は?」って言うんだけど。
とにかく私は、靴下が好きじゃなかった。

「裸足で歩いていい?」
家族で行った遊園地で、歩き疲れた私が
そう言ったら、母に瞬殺で却下された。
疲れると、靴を脱ぎたくなった。
裸足が一番、好きだったな。

買ったばかりの雨用パンプスで出かけた今日。
雨風が強すぎて、靴の中は結局びっしょり。

「あー。裸足で歩きたい。」
そう思ったら、靴下も靴も好きじゃなかった
あの頃の自分が、急に浮かんできたのでした。

もう30歳なので、脱がないけど。
もしも裸足で歩いたら、どうなるかな。

「靴下を履かないのは、みほちゃんだけ。」
そう言われても、それでも靴下を履かなかった
あの時の自分も、結構好きだったな。

あの時の小さな私、裸足の私を、
ちょっと抱きしめてあげたくなった。
「裸足で歩いてもいいんだよ。」って。

浜辺に立つ子供

カウンセリングでも、そんな風に
子供の頃の自分、インナーチャイルドを
抱きしめたり、声をかけたりすることがある。
たとえ何か大きなトラウマがあるわけでは
なくても、それはとても温かくなるような、
ほんの少し泣きたくなるような、大切な
ことなんだな、と思う。

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ