東京都の心理カウンセリング 【 くれたけ心理相談室 西新宿支部】長野美峰公式サイト

カウンセリングの流れ

カウンセリングの3ステップ

カウンセリングはどのように行われるのか、不安に思われている方もいらっしゃるかもしれません。
実際にどのような流れでカウンセリングが行われるのか、ご説明させていただきます。

1.主訴(悩んでいることなど)の聴取

初めに、クライエント様の悩みや不安、迷いなどについて聴かせていただきます。
話しがまとまっていない、自分でもよくわからない、そう感じられる場合もあるかもしれません。しかし、どんな内容を、どのようにお話しいただいても構いません。
むしろ、そんな時こそ、お話しを聴かせていただき、カウンセラーと共有しながら一緒に整理していただける良いチャンスだと感じています。

2.感情や状況の明確化

お話しを聴き、質問などもさせていただきながら、クライエント様のお気持ちや現状を客観的に見られるようにしていきます。
カウンセラーは、話していただいたことをしっかりと共有し、”鏡”のような存在となって、感情や状況を明確にしていくことを目指します。

その際、現在のことだけでなく過去についてもお聴きする場合がございますが、お話しされたくないことを無理に聞くことはございませんので、どうぞご安心ください。

3.目指す姿への道筋

2.の段階でもやもやした状態がすっきりとし、「どう在りたいか」というお気持ちがクライエント様ご自身から湧き上がってくるケースも多いです。

目指す姿とそこへ向けた道筋をクライエント様と一緒に考えながら、それぞれに合った方法でサポートさせていただきます。

カウンセリング風景

以上が、大まかなカウンセリングの流れとなります。

1〜3のステップを1回のセッション内(90分又は120分)で行うように設定しておりますが、クライエント様がじっくり進むことを望まれる場合や、カウンセラーが時間を要すると判断した場合などは、その限りではございません。

 

カウンセリングではどんなご相談をいただき、どんな効果があったのか、といったご相談事例も掲載しております。そちらもお読みいただくとご参考になるかと思います。

▶︎こんなご相談をいただきます

PAGETOP