2人の手でハート

 

 

 

 

 

 

 

外国人観光客の方や、2020年東京五輪に向けて

東京都主催で外国人おもてなし語学ボランティア育成講座というものが行われています。

たまたまテレビで知って1度参加させていただいたのですが

今日はその参加者向けのフォーラムに行ってきました。

 

その中で印象に残った講師の方のお言葉。

 

「”Kindness”と”Hospitality”は違うもの。

 ”Kindness”は、ドアを開けてあげるなど、そのとき限りの簡単な親切。

 ”Hospitality”は、日々生きていく中で常に優しさを持って人に接すること。」

 

以前、講座に参加した時は、そのとき習ったフレーズなどを活かして

外国人の方が困っていたら、声をかけて道を教えるなどしてみよう!と

思っていました。

もちろん、それは大事なことだと思いますが、

その前に、外国人の方に限らず、周囲への優しさを持つという

気持ちが、まず大切なんだなぁと改めて気づかせていただきました。

 

そして、

何度も盛り上がっては萎んでしまう英語学習へのモチベーション、

今日も高めてもらったので、このまま頑張り、たい!