深く深く海の底まで続くような苦悩。
高く高く澄み切った空のような幸福。

それぞれを経験するのかもしれない。
それぞれの人が寄り添うのかもしれない。

二つがあるから大地ができる。
その地に立って歩くことができる。

赤く光る地平線