身体の癖、心の癖
その癖に気づけたなら
あとはコツコツなおしていくだけ。
長年かけてできた癖だから、
時間はかかるかもしれないけれど。

 

デスクワークやランニングの後、
私は、右側の肩や腰にばかり
凝りや痛みを感じます。
右利きなので、身体の右側に
重心が偏り、負担がかかっているそう。

そう言われて
家事をするとき、本を読むとき、電車で立っているとき、座っているとき…
日常生活の色んな場面で、ふと、
「あ、今、右側に寄ってる」と
自分でも気づくようになりました。

長年かけて自分に染み付いた身体の”癖”。
そう簡単にはなおらないけれど、
”癖”に気づくことができたなら、
あとはその都度、「癖が出てるぞ」と
何度も自分に言い聞かせて
時間をかけてなおしていけばいいのです。

 

”癖”に気づくことが、まずは大切。

 

心にも”癖”はあるかもしれません。
またマイナス思考だ、同じことでイライラする、すぐに他人と比べてしまう…
そんな染み付いた”癖”に気づけたなら
そこで自己嫌悪しなくていいんです。(これも”癖”ですね)

「また”癖”が出てるな。しょうがないな。」
そんな気持ちで自分に言い聞かせながら
少しずつ少しずつ、なおしていけばいいんです。

 

子供の頃、
「食事中に肘をつかない」とか
「脱いだ靴をそろえる」とか
何度も何度も言われたけれど
私の”癖”に根気強く言い聞かせて
くれていたんだなぁ…と
今になって気づく。感謝です。

ストレッチ