グルメな人とグルメじゃない人、どっちが幸せか。

 

そんな話を聞いてちょっと考えてみる。

 

そもそもグルメってどんな人?
という定義の問題もありますが、
自分の場合で考えてみるとどうだろう。

美味しいものを食べるのは大好きだけど
たくさんお店を知っている訳でも、
食へのこだわりが特別強い訳でも、
味覚が鋭い訳でも、料理に詳しい訳でもない。

ので、多分グルメでは無いのかな。
大体、なんでも美味しいと思うし、
ちょっと変わった味でも「これもアリか」
と思ってしまえる笑

だから、食べたものが美味しくないとか
この味付けがどうだ、とか不満を感じる
ことが少ない、食事の時はいつも幸せ、
と考えると、確かに幸せかもしれない。

だって食は生きるために切り離せないことだから。
生きることそのものが、もう幸せってこと。

 

でも、グルメ(と私が思う)な人も
なんだかとっても楽しそうに見えるのです。

自分の好みやこだわりがあって、
それに合うお店を色々知っていたり、
自らこだわって好みの料理を作ったり。
そうやって探求して、追求して、
どんどん知識も深めていって、
美味しいものに出会う過程も楽しむ、
それはきっと、幸せなんだろうな。

こういうこだわりを持てる人というのは
クリエイティブな、何か新しいものを
生み出せるような人でもあると私は思う。

 

グルメじゃない私は、過程の幸せを
体験していないのだろうと思うし、
グルメな人はその分美味しいのハードルが
高いから中々満足できないかもしれない。

 

グルメな人とグルメじゃない人、どっちが幸せか。

 

多分、決めることは難しいけど
きっと「自分が幸せ」と思う人が一番幸せ。

トンカツ