子供の頃のこと。
風の強い日には庭の木に登って
このまま飛べそうな気がすると
多分、結構本気で思ってた。

といっても、百日紅の木なので飛び降りても怪我しない位の高さなところが私らしいのだけど。

 

成功している自分をイメージする。

そんな言葉を聞くと、
あの時の自分を思い出す。

根拠もないのだけど
飛んでいる自分の姿は
ありありとイメージできた。

自分が自分で信じられない時は
まず、あの時の私を思い出して
みようかと思う。

信じるってワクワクするものだったなぁ。

ジャンプする子供のシルエット