ケンカの数

子供の頃の話し。

今覚えば本当に大したことない
理由で姉たちとケンカしていたな
と思う。理由も思い出せない位。

人生の中で、ケンカする数って
大体、決まっていたりして。

5人姉弟だった分、ケンカの数も
それなりに多かったかもしれない
けれど、その分きっと大きくなって
からの人間関係に活きている(はず)。

今まさに直面しているケンカも
未来のためのひとつ、なのかもね。

子供たちの走る後ろ姿

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ