明日は大阪で友人の結婚式。

せっかくなので、関西在住の別の友人にも会おうと、今日、朝から新幹線に乗ってきました。

 

途中、車内で食べようと、お昼ご飯を買おうとしたのですが…

 

本当は、本当は、

シュウマイ弁当とか食べたいんです。

 

でも、臭い気になるかなとか

この人がっつり食べると思われるかなとか

周りの目を(勝手に)気にする私は大概、サンドイッチかおにぎり。

 

それでも、今日はお腹も空いていたのでボリュームたっぷり海老カツサンドにしました。

更に、おやつと称してバナナブラウニーも購入。

最後に、カロリーへのせめてもの抵抗だと

『体脂肪率を減らす』と猛烈にアピールしてくる特保の緑茶も買いました。

 

意気揚々と新幹線に乗り込んだものの休日で混雑しており、座席は3列シートの真ん中。

うぅ、一番人に見られる席だ…(と勝手に思っているだけです。)

両サイドにはそれぞれ女性の方が。

 

出発してしばらくすると車内に漂うお弁当の匂い。

あれ、お腹空きますよね。

私も食べようかな、と思うのですが両サイドの方々は微動だにせず。

 

気にせず食べたら良いんです。わかっているんですがなんとなく食べにくい。

 

すると、左隣の女性に動きが!

取り出したのは、あの!スタバの紙袋!

中から出てきたのは、新発売のカンタロープメロン&クリームフラペチーノ!

(文字だと噛まずに済んで良いですね)

あ、それ私も気になってたやつ〜と、思ったまでは良いのですが。

もしもし?お姉さん、それだけ?

 

カンタロープメロン&クリームフラペチーノを優雅に飲む左隣のお姉さん。

 

これは…出しにくい…

ボリュームたっぷり海老カツサンドは出しにくい…

 

助けを求めるように右隣を見ると、黙々と読書をしてらっしゃいます。

 

永遠とも思えるような空腹との戦い。

(何度も言いますが、勝手に戦っています。)

 

しかし、空腹に耐え切れず急速に動き出す私の胃袋。

このままではお腹の虫が…鳴いてしまう…

それはそれで気まずい、いや、むしろその方が気まずいのでは?

そう。自分の気持ちに逆らって我慢しても、結局うまくはいかないのです。

 

ようやく自分に正直になった私。

ボリュームたっぷり海老カツサンドを思いきり頬張りました…美味しかった…

 

すると、黙々と読書をしていた右隣の女性にも動きが!

取り出したのは、なんとカツサンド!

更に、左隣の女性がビニール袋を取り出しました。スタバだけではなかったのです。

中に入っていたのは、私も迷ったおにぎり!

 

なんだ!そうだよね!やっぱりお昼食べるよね!サンドイッチかおにぎり選ぶよね!

 

手を取り合って、この気持ちを分かち合えたような気分です。(もちろん実際にはしていません)

 

そして、私は気づいたのです。

この偶然隣り合わせた私たち3人全員が…

特保のお茶を飲んでいることに!

もはや抱き合って気持ちを分かち合いたい気分です。(もちろん実際には…)

 

 

 

私たちは同じ。違うように見えてもどこかでつながっている。

 

駅弁でサンドイッチやおにぎりを選ぶのも、スタバの新商品を買うのも、

特保のお茶を買うのも、周りを見ながらお弁当を食べ始めるのも、

自分が考えたり行動したりすることは、誰かも同じようにしている。

他人は私を映す鏡、私は他人を映す鏡。

 

そう思ったら、周りを気にして自分を取り繕うよう必要なんてないんですね。

 

特保のお茶