真っ白なキャンバス。

その隅から順番に、
マーカーで線を引くようにして
キャンバスを塗ろうとしたら
それは途方も無い作業に思える。

でも、
水しぶきを飛ばすように
初めてクレヨンを持った子のように

手の届くところからでいい。
ただひたすらに色をつけていけば
それがやがて点になり、線になり、
キャンバスは彩りで溢れていく。

だからいいの、ぐちゃぐちゃで。

お絵かき