「カウンセリング」というと
何を話すか、どう話すか、話してどうなるか、
と「話す」ということに意識が向くかも
しれません。

でも、
何をどう話すか、とか、話してどうか、とか
その時思ったこと、考えたこと、感じたことに
深く向き合うことの方がもっと大切なのかも
しれません。

話すことは、深く向き合うことや整理をする
一助であり、それ自体もとても大切ですが
たとえ上手く言葉にできなくても、その時
感じたことが何よりかけがえのないものだと
そう思うのです。

富士山の星