東京都の心理カウンセリング 【 くれたけ心理相談室 西新宿支部】長野美峰公式サイト
柔軟心−にゅうなんしん−(ブログ)

ひらけごま

寄り添うということは まず自分の心が開かれていること。 相手の気持ちがわからなかったり 拒否されているように感じたり そんな時には、まず自分の心の中に 壁がないかを確かめてみる。 そして大概、 自分で壁を作っていることが …

コーヒーの微笑み

行雲流水

比較的、食べ物の好き嫌いは少ない方で だいたい何でも美味しく食べられます。 が、そういえば子どもの頃は あんまり好きじゃなかったなぁ、セロリ。 とスーパーでそのセロリを手に取りながら ふと思う。 なのにどうして。 今は美 …

セロリと豚肉の炒め物

淡々と。

時々、 ああ、このために頑張ってきたんだなぁ って、そう思う時がやってくる。 でも、その時が中々やってこない時期も 往々にしてあるもので。 でも、このために頑張ってきたんだ! っていう瞬間は突然やってくる。 突然やってき …

紙吹雪と女の子

ネバーギブアップ

母から、地元群馬の桜の名所である 赤城南面千本桜の写真が送られてきました。 桜と菜の花のコントラストが 青空に映えてとっても綺麗〜。 なんです、が! 実はここ、桜と芝桜で有名なんです。 ピンクと黄色ではなく、ピンクとピン …

赤城南面千本桜

帳尻合わせ

もう勝ち負けに興味がなくなった。 と、ある人は言った。 だから、どこのチームを応援する ということも無いそうな。 なるほど。 勝ち負けに振り回されない安定感を感じる。 私はまだ、そこには至れていないらしい。 応援するバス …

平均台を歩く人

点と点

楽しい時は、あっと言う間。 点みたいに、あっと言う間。 だから、また 次の点、次の点って繋げたくなる。 「またね」って約束する時、 それは次の点に向かって線を描く 一番パワーみなぎる時なのかも。 今ならどんな線も描ける気 …

紙と絵の具

もしも誰かが転んでしまったなら

小さな子供が初めて歩き出すとき 何度転ぼうと、何度よろけようと 私たちは、じっと見守っている。 絶対に歩けると信じているから。 すぐその時は来ると知っているから。 どこまでも駆けていきそうな姿を ありありとイメージできる …

手を繋いで歩く親子

たまには人と比べるのも良いと思う訳

人と比べるものじゃない、って よく言うものだけれど、たまには 良いんじゃないかと思うのです。   スーツ姿が初々しかったり 接客の言葉がたどたどしかったり 鞄から書類が落ちて慌てていたり。 4月のこの時期、新人 …

子供たちの走る後ろ姿

助走はいらない。そのままジャンプ。

今までの私だったら 多分聞いてなかっただろうな。 恥ずかしいから。迷惑だろうから。 色々自分を納得させる理由をつけて 聞かなかった。聞けなかった。 でも今回は 「ちょっと聞いてみようかな」 そう思えたから、聞いてみた。 …

口で言うより

母が誕生日にお花を プレゼントしてくれました。 毎年お花をくれるのですが、 今年はハーブもセットになった鉢。 「ちゃんとお料理してね」という 母の秘められたメッセージかな笑 でも、ただそう言われるよりも お料理しよっかな …

ハーブと花の鉢
« 1 2 3 4 26 »
ご予約カレンダー

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

PAGETOP