手

「頑張って」
そう投げかけられた言葉は
どこへ行っただろう。

キャッチボールのように
相手へ渡したつもりの言葉。

でも本当は
その言葉は受け止められたの?
受け取る準備は出来ていたの?
相手の望むものだったの?

相手に投げたボールは
受け取られることがなければ
ただ傷つけるだけのものになる。

だからキャッチボールは
投げることから始めるんじゃない。
受け取ることから始まる。

言葉をかけることよりも
まず聴くこと、そこから始まる。