地に足はつく

ピンチの時こそ
落ち着いて、流れに身を任せて
大きく息を吸って、吐いて。

そうしたら案外、
ピンチじゃなかったりもする。

でも、そうと分かっていても
中々できずに、慌てて自ら
ピンチを作り出しちゃったりする。

だから一度は、
ピンチにがむしゃらに立ち向かう
こともありなのかもしれない。

 

 

 

と、海で(勝手に)溺れかけて思う…

ウミガメ

心地よい日々を

長野美峰
長野美峰
くれたけ心理相談室(東京・西新宿支部)の心理カウンセラー

コメントはお気軽にどうぞ