ピアノを弾く手

 

アンダンテ(andante)・・・歩くような速さで

音楽用語で、速度を表す記号です。

 

子供の頃、ピアノを習っていたのですが
この、アンダンテが出てきたときは
なんとなく、ちょっとゆっくりな感じ?と
適当に(先生ごめんなさい)弾いていたのだけれど。

 

今の私だったらアンダンテをどう弾くだろう。
あの頃の私、これから先の私、
あなたは、あの人は、彼は、彼女は、
アンダンテをどう弾くだろう。

 

アンダンテ。

歩く速さは生き方そのものかもしれない。

 

そういえば、あるデザイナーの方が言ってたな。
「知らない土地に行ったら足下を見る。その土地ごとの歩き方があるから。」