友人の結婚式。

式の最後に、新婦の父が

ギターの弾き語りで歌を披露されました。

 

それだけで、とても印象的だったのですが

なんと、ご自身で作詞作曲をした

オリジナルソングで、

新婦が産まれた時から

「娘の結婚式で歌えたらいいなぁ」と

思っていたのだそうです。

 

29年間温めてきた願いが叶う瞬間。

その想いを想像することは、

まだ産まれてから29年の私には

おこがましいかもしれませんが

そんな願いを持てるような人になりなさい、と

教えていただいたような気がします。

 

さて、私は、

娘や息子の結婚式をどんな風に迎えるのか

それは、何十年後かのお楽しみ。

 

たんぽぽの綿毛